乳がんと胸が小さいことの関係性とは?

胸が小さいのはなぜなんだろう?と思ったことはありませんか?

他の方と比べると自分の胸が小さいし子供っぽいと、コンプレックスに
感じたことがある人もいるでしょう。

日本人は平均的にB~Cカップくらいなので、もともとバストが
小さい人種ではあるのですが、やはり胸が小さいのは気になりますよね。

最近、芸能人が乳がんだったことを発表したり何かと話題になりますが
乳がんは胸が小さいとなりやすかったり見付けやすいなど、関係は
あるのでしょうか。

乳がんと胸が小さいことも関係について調べてみました。

■乳がんが怖い!貧乳よりも心配

日本人は平均してCカップくらいで世界的にみれば貧乳な人種。
外国人と比べて胸が小さいのでコンプレックスに感じている人も
少なくないですよね。

胸の大きさで悩みを抱える人も多いですが、最近は乳がんが
なにかと話題に上がります。

胸が小さいことや乳がんにはどのような関係があるのでしょうか?

小さい胸で乳がん検診に行くのは恥ずかしい!と思ってしまう方も
いるかもしれませんが、乳がんを早期発見することは大切です。

胸の大きさを気にするのも分かりますが、乳がんは怖いので
定期的に乳がん検診を受けて注意しなければなりません。

万が一乳がんになっていても早く見付けられれば治すことができます。

胸が小さいことは命を落とす危険性はないですが、乳がんは
悪化すれば死に至ることもあります。

乳がんの予防をしたい方や胸の大きさや乳がんの発症率には
関係があるのか気になっている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
■乳がんと胸が小さいことの関係について

・乳がんの見つけやすさ

胸が大きい人のほうが乳がんになるリスクが高いと言われていますが
その理由は乳がん検診で早期で乳がんを発見しやすいのは
胸が小さいがらです。

胸が大きいと発見が遅れることもあるので、リスクが高い
イメージがあるのでしょう。

胸が大きいと胸の脂肪が多い分、左右差の違いやしこりが
分かりにくく、発見しづらいので胸が小さい人と比べると
死亡率は高いと言えます。

見付けにくさ、治療が遅れる理由から胸が大きい方が乳がんに
なりやすいと言われていますが、実際発症率は変わりありません。

乳がんの発見のしやすさ、早期治療においては胸が小さいほうが
プラスで、胸が大きいほうがマイナスポイントとなります。

胸が小さいほうが乳がんを早期発見しやすいので、治療を早く
始められる分完治しやすいと言われています。
・発症率の差は?

胸が小さい人も胸が大きい人も乳がんの発症率は変わらないので
どちらのほうが乳がんになりやすいなどの差はありません。

医学的にも胸が大きいから乳がんになりやすい、胸が小さいから乳がんに
なりやすいなどの理由はないです。

胸が小さい人は気になっていたかもしれませんが、
乳がんに特に注意しなければいけないということはないと言えるでしょう。

胸の大きさで乳がんのリスクが変わることはないことが分かりました。
大きさに関わらず、定期的に乳がん検診を受けて異常がないかを
確かめることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です